アクセスカウンタ

<<  2010年6月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


MDR-NC33が届く

2010/06/21 19:44
注文しておいたMDR-NC33が土曜日に届きました。宅配便の不在連絡票が入っていたのは水曜日くらいだったと思いますが、平日は受け取れるはずもなく。

以下、日曜日・月曜日に街中で使用してみた雑感(土曜日は外出せず)。基本的に、MDR-NC22との比較です。

・全体的に音が小さめ。
 具体的には、MDR-NC22と同程度の音量で聞こうとするならば、NCオン時にPSPの音量ゲージを1〜3程度上げる必要がある、と。PSP-2000でtorneから転送した動画を再生する場合、今まで音量MAXから-2〜4程度で"ちょうどいい"と感じていたので、これをフルに上げる必要がある。音楽再生時は音量ゲージ真ん中+3〜5程度がちょうど良かったけれども、真ん中+4〜6程度がちょうど良くなっている。

・NCオン時に、音量が若干下がる。
 MDR-NC22は、逆にNCオン時に音量が上がっていました。NCオンにすることにより、小さな音でも聞き取れるようになる->音量を下げるというのは理に適った挙動。音量が下がるといっても、違いは分かるけれども大きな差ではない、という程度。

・NCの性能はあまり変わらない。
 ような気がします。カタログスペックでMDR-NC22が確か88%、MDR-NC33が90%の雑音をキャンセル出来るということで、2%の差があるはずですが、実感出来るほどのものではありません。
 人の話し声等がキャンセルされないのは他のNCイヤホンと同様。NCオン時に出るホワイトノイズの量も、MDR-NC22とあまり変わらないように感じます。

・若干小さくなった。
 MDR-NC22よりも若干小さくはなっています。が、結局単4電池を入れなきゃならないので、相応の大きさはあります。

・端子がL型では無くなった。
 一応変換ケーブルが付属していますが、プレーヤに接続する端子が従来のL型ではなく、ストレートになりました。薄型軽量、かつ縦型が多い最近のプレーヤに対しては、この方がよろしいでしょう。けれども、PSP-2000で使用する場合はL型の方が好ましいので、付属の変換ケーブルを使用しています。

・フィット感は良好。
 ドライバの形状が変わり、耳へのフィット感はかなり向上しています。


音質については、使用し始めてからまだ3日なのでご勘弁を。MDR-NC22から"悪化しているわけではない"とは思っています。

しかしこのイヤホンが4,600円、送料込みでも5,000円を切っているというのは、とんでもないコストパフォーマンス。


なお、MDR-NC22の不具合は、やはりドライバユニット内の断線でした。航空機内でドライバユニットが破壊された時に切れちゃったのでしょう。先週月曜日の帰宅時には左のユニットからの音が完全に聞こえなくなったので、帰宅後分解してハンダ付け。復活しました。ドライバユニットは分解したものをはめ込んだだけなので、外で使うには耐久性に疑問が残ります。こっちは家用にします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


torneのアップデートとか

2010/06/21 19:24
PS3用地デジレコーダ「torne」、AVC録画追加は6月29日
−3倍録画、追いかけ再生も対応。公式Twitterキャラも


torneのアップデートは6月29日。主な機能追加は"AVC録画"と"追いかけ再生"ですが、その他にも細かな改良がありますね。特に、"EPGの取得率が確認出来る"、"VIDEO, SCHEDULE, SEARCHでページ単位のスクロールが可能"、"BDリモコンでページ単位のスクロールが可能"、"一時停止アイコンが一定時間で非表示になる"あたりの改善は非常に好印象。どれも必須の機能ではなく、些細ものですが、torneを使っている時に"ちょっと不便だな"と思っていたところが見事に改善されている。

毎日電源を入れている状況では、番組表の情報はほとんど取得されている状態なので問題ないのですが、出張から帰ってきて久しぶりに電源を入れ、番組を検索しようとしても目当ての番組が出てこない。あれって思って番組表を見たら、取得が間に合わずにスカスカになっているということがありました。しばらく録画済みの番組等を再生しつつ、度々番組表を開いて確認し、埋まった段階で検索->予約ということをやっていたんですが、取得率が表示されるならそれを見るだけでいい。

番組表はページ単位のスクロールが可能なんですが、VIDEOやSCHEDULEやSEARCHではダメだったんですね。最近は録画済みのビデオの数も増えてきたし、SEARCHで数百件表示される分をいちいちスクロールしていくのは面倒くさかった。

そもそも、BDリモコンではこれまでページ単位のスクロールが出来ませんでした。それにも対応。これでかなり便利になりますね。

一瞬画面に映ったものをちょっと確認、と思って一時停止したときに気になっていたのが、画面の真ん中に居座る一時停止のマーク。これも、一定時間で消えるようになるようです。


tornevはフォローしました。


西田宗千佳の
― RandomTracking ―
E3 2010特別編 マイクロソフト関係者に聞く今年の「Xbox 360」
〜「Kinect」、「新型」から「日本のZuneビデオストア」まで〜


いや実際、Moveとは違うKinectの特性っていうのにも非常に興味があるんですね。確かに、おもしろそうだとは思います。実際買うかどうかは、やっぱり値段とソフト次第かなー。


■山田祥平のRe:config.sys■
あれから13年の冴子先生


おっしゃるとおり、"いつの間にか"Office 2010が一般向けにも発売されていました。そのうち導入するとは思いますが、まあしばらくは2007で。悪名高いリボンUIは、私は別に嫌いじゃありませんよ。Officeのヘビーユーザじゃないせいか、Office 2007で気になったのは、"一太郎2004からのコピーアンドペーストが真っ黒になることがある"とか、"Excelのグラフ作成機能において、編み目等のパターンがなくなった"くらい。まあ論文のグラフはgnuplotとかRとかで描けばいいので問題ありません。一太郎2004はさすがにもう使っていないし。


PSNでDLしたPCE版グラディウスは、PS3とPSPで数回プレイ。いやー、やっぱりPCEアーカイブスをPS3でやったら、ドットがくっきり見えて綺麗ですね。非常に気持ちがいい。
コナミコマンドはもちろん健在。自分の記憶にあるグラディウスはFC版だったので、オプションが4個出てきて面食らいました。FC版は2個までだったような。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SCE 平井社長のインタビュー

2010/06/18 04:30
西田宗千佳の
― RandomTracking ―
E3 2010特別編 SCE平井社長単独インタビュー+会見詳報
〜「Move」、「3D」、「Plus」はPS3をどう変えるのか〜


全編を通してものすごく納得できるインタビュー記事でした。E3でのSCEプレスカンファレンスは自分もインターネットでの生中継を見ていて、終わった後に言いようもないがっかり感があったんですが、それはあくまでも自分が"日本のゲーム市場を中心に見ている"から。去年はPSP goの高価格にびっくりし、FF14の発表に耳を疑い(だってまだFF13も出てないのに)、PSP向けMGSやGTに"いやPS3で作ってくれよ"と思い、結構日本人でも楽しめる要素がちりばめられていましたが、今年はそういうのはほとんどなし。アメリカ向けに徹している、という感じでしたね。

アメリカ向けとしては、新ハードの発表もなく他社と比較したら地味とはいえ、かなり評価の高いプレゼンテーションだったようです。去年も日本とアメリカで正反対の評価がなされていたと思いますが、今年はその乖離がさらに進んでいる。

思えば、去年のPSシリーズで最重要の発表である薄型PS3は、E3よりも後にドイツ・ケルンで行われたものでした。平井氏は日本向けはTGSで、とおっしゃっていますが、9月に開催されるTGSでの発表では年末商戦に間に合わないという事情がありますので、今年も8月頃に、何らかの発表があるかもしれません。

そしてこの記事を読んで、一気にMoveと3Dテレビが欲しくなりました。Moveは、日本ではソフト・Move・PS Eyeのセットが5,980円と、確かに格安。技術的な興味はあるので、一度使って見ようかな、と。いや技術的にはNatalの方も気になっているんですが、あちらは価格次第。PS3と違って別途プロセッサを用意するようなので、MSが逆ざやを覚悟しない限り、Moveよりは高くなるでしょうし。そもそも最近Xbox 360は電源すら入れていないしなー、というのも。

3Dテレビについては、E3のプレスカンファレンス、最初のKILLZONE3の映像を"2D"で見て、"これが3Dに見えたらすごいだろうな"と。けれども、さすがに2年前に買った42インチPDPをすぐに買い換える訳にはいきません。26インチ程度の小型のテレビが3Dに対応した段階で、現在PS2用に使っているブラウン管HDテレビを置き換える、というのが妥当かな。

PS Plusは、あくまでもオプションサービスであり、PSNの基本的なサービスはこれからも無料とのこと。PS Plus、ぱっと見、現時点ではあんまり魅力を感じないんですね。PS3のソフトが少なかった2006〜2007年頃はよく体験版等をDLしていましたが、最近はほとんどなし。システムソフトウェアのアップデートは自分でやればいいし、SCEが選んだソフトが何本か期間限定で遊べるというのにもあんまり興味がない。もしこれで、たとえば"サーバ上にユーザスペースを用意し、そこにセーブデータを保存してPSNに接続した他のPS3/PSPで使用できる"とか、"ビデオが大幅にディスカウントされる"とかだったら金を払うと思うんですが。
とりあえず、現時点では月に500円、もしくは年に5,000円を支払うほどの魅力が見えてきません。まあでも、選択肢が増えるのはいいことなんで、地道に魅力を増すための手を打ち続けていただければ、そのうち入るかもしれません。

文化交流については、確かに3Dあたりを見ていると"ソニー・ユナイテッド"を感じることはあるんですが、まだまだやれることはたくさんあるはずだ、と思います。大昔から言っていますが、とりあえずウォークマンとの連携をなんとかしてくれい。


最後に、torneのAVC録画について。あれはCell B.E.ではなく、torneのLSIに内蔵されているトランスコーダを使っているようです。EPGで取得できるジャンルごとに最適なパラメータを設定しているということで、画質が今から楽しみ。発表通り、6月中にアップデートできるようです。torneでトル数が多い番組名をつけた××××フィルターって…現時点でのtorneのトル数ランキング(東京)は、
1. Angel Beats !
2. けいおん!!
3. 荒川アンダー ザ ブリッジ
4. WORKING!!
5 2010FIFAワールドカップ 日本VSオランダ
6. 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST
7. ワンピース
8. ドラゴンボール改
9. デュラララ!!
10. タモリ倶楽部

四文字で当てはまるのは"けいおん"か?当初"世界遺産"(正式にはTHE世界遺産)かと思ったけれども、これは39位。ていうか10位までのうち8番組がアニメってのもすごい。それから、最近のアニメは最後にエクスクラメーションマーク(!)をつけるのが流行っているんですかね。こういう強調表現はやりすぎないほうがいいと思うんですが。



PS3関連ということでついでに書いておきます。
先日購入したアフターバーナー クライマックス(PS3版)は、11日に海外出張から帰ってきた後に本格的にやり始め、公式チートと言われるEX OPTIONの一部をオンにして、あっさりとトロフィーコンプリート。いやこれは確かにチートだわ、と思います。が、これはこれでアリ。通常では味わえない爽快感が気持ちいい。まじめにやりたいならEX OPTIONをオフにすればいいだけだし。

PCEアーカイブスに入ったグラディウスは先ほどダウンロード。こいつはこれから、PS3とPSPの両方で遊び倒す予定。容量が8MBを切っている。そういう時代もあったんですよね。懐かしい。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


KINECT?

2010/06/15 19:03

「Xbox 360 Media Briefing」レポート
「METAL GEAR SOLID RISING」、「Gears of War 3」など、強力なブロックバスタータイトルを続々公開

マイクロソフト、新型Xbox 360の仕様の詳細を開示
立体視への対応をアナウンス。ただし3Dブルーレイには対応予定なし

Xbox 360 E310 Media Briefing「Kinect」プレイデモ
ペットやレースなどファーストパーティタイトル4本を紹介

米Microsoft、「Kinect」サードパーティーレポート
「STAR WARS」、「DANCE CENTRAL」など「Kinect」の4タイトルを紹介


KINECT? なんでこんなセンスのない名前にしちゃうかなぁ。意味は分かるんだけれども。コードネーム Natalの方がかっこいいよ。
いずれにせよ、自分はこのようなコントローラにイマイチ興味を引かれないので(PS MoveやWiiも同様)、たぶん最初はスルーするんだろうな、と思います。こういうコントローラを使うなら、まず部屋の整理をしないと。身体を動かすような場所がない。技術的な興味はありますが、"まだ"買いたいと思わない。

Xbox 360も3Dに対応。まあこれは、現行世代のハードとしては妥当な戦略でしょう。今の3Dテレビは、映画よりもゲームに向いているような気がしているので。いや、映画もいいんですけど、やっぱり画面が若干暗くなってしまうのと、ちょっとわざとらしい3Dに見えてしまうというのが欠点。ゲームなら(暗くなるのは問題ですが)わざとらしい表現でも問題ありませんし。
3DはBDでの対応もあり、ハイエンド層で徐々に増えていきそうなので、主流になれるかどうかは未知数ですが、ある程度の市場は取れるんじゃないでしょうか。
うーん、でも自分も3D表示には興味がありますが、テレビを買い換えるほどのものではないんですね。

そして、Xbox 360も小型化。ACアダプタも、まだでかいものの、結構な小型化がされているようです。音もかなり静かな模様。価格も、250GBのHDDを搭載して29,800円とリーズナブルで、これから買おうと言う人にはいいんじゃないでしょうか。デザインはあんまり好きじゃありませんが(公平のため書きますが、現行PS3のデザインも好きじゃないです)、フォームファクタはかなり良さそう。

HDDは従来通り交換可(純正のみ、従来品とは互換性無し)。従来のHDDからのデータ転送は可。メモリーユニットは廃止(USBメモリで代用できる)。光学ドライブの対応フォーマットは変更無し(DVD)。大幅な変更はありませんが、地道な良い改良だと思います。


ただ、購入意欲が低いNatalのイメージインプレッション(技術的なデモではない)に注力していたらしく、自分にとってはあんまり"面白みのない"内容だな、というのが率直な印象。明日早朝にはSCEのプレスカンファレンスがありますが、MS同様Moveをプッシュするのなら、今年のE3の内容は"自分にとっては"イマイチなのかなぁ、という嫌な予感が。もうちょい未来を見せてくれよ、と。SCEも新型PS3を出しそうですが、これは型番からいってもマイナーチェンジだろうし。

ま、Xbox 360もPS3もある程度長期間現行ハードとしてとどまり続けそうだし、両ハード共に古いものなので今更驚くような新サービスはなかなか期待できないし。ハードのライフサイクルが中盤に入りかけているときの発表会はこんなもんでしょうね。


一方、そろそろ次世代機が発表されてもおかしくないPSPの方は、PSP2が発表されるんじゃないかという観測もありますが。カンファレンス直前になっても具体的な噂が一つも出てきていないということは、今回はどうもそういうサプライズはないんじゃないかと思ってしまいます。それともSCEのガードが堅くなったのか。去年は薄型PS3もPSP goも発表よりかなり前に情報が流出していましたけどね。

2005年から毎年一台以上のゲームハードを買っているんですが、今年はまだ。買いたくなるような製品が出てくれることを望みます。
#2005年: PSP-1000, 2006年: PS3, 2007年: PSP-2000, PS2(SCPH-90000), 2008年: Xbox 360, DC(中古) 2009年: PS3(薄型)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


新しいNCイヤフォンを注文

2010/06/14 03:41
往路の航空機内で気がついたこと。

ノイズキャンセリングイヤフォンであるMDR-NC22が壊れている。具体的には、左側のドライバの接着が外れています。はめ込むことで、なんとか使えるようになりましたが、時々左側のドライバから音がでなくなる。衝撃を与えるとまた音が出るようになるので、接触不良でしょう。

出張中はなんとかごまかして(実際MDR-NC22を使うのはほぼ航空機内と高速鉄道内だけであり、普段はMDR-E931と東芝gigabeatの組み合わせを使っていました)、帰国後、NCイヤフォンを探す旅に出よう…として、寝過ごしました。時差ぼけはそう簡単には治らない。実際、日本時間ではもう4時近いのに、全然眠くありません。そりゃそうだ、起きたのは15時頃。

一応池袋の家電量販店には行ってみたのですが、どうもこれだというものがなく。MDR-NC300Dあたりかなー、と思ってみても、やはり高い。毎日通勤で使っている、今回壊れたMDR-NC22はこの型番に限ってもすでに4本目という半ば"消耗品"であるデバイスに、2万円は出しづらい。そんなに稼ぎがいいわけでもないし。MDR-NC300Dは初代なので、二代目・三代目で確実にブラッシュアップと低コスト化が行われるだろうから、それを待ってもいいか、というチキンな考えもある。

ということで、ちょいとビールを三杯ほど引っかけてから帰宅。結局ネットで探し回って、MDR-NC33が4,600円で売られているのを発見。結構安い(価格.comの最安値よりも安い)ので、注文しちゃいました。在庫があれば、購入できるらしい。在庫がなければキャンセルというシステムだそうで、まだ確定ではないようです。

MDR-NC33は、うたい文句ではMDR-NC22よりもノイズキャンセリングの能力が向上し、電池の持ちがよくなり、フォームファクタが改善されている、とのこと。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


帰国

2010/06/12 04:25
帰国。便が大幅に遅れ、朝到着の予定が昼過ぎに到着、自宅に帰り着いたのは夜でした。

今回の出張先は欧州の二カ所。8泊であり、すでに体は向こうの(日本とは7時間の時差がある)生活リズムに完全にあっています。だから今も全然眠くない(今向こうの時刻は夜9時頃)。こちらから欧州へ行くときはリズムを合わせやすいのですが(自分は夜型だし、初日に思いっきり寝坊すればよい)、日本に帰ってくるときはきついですね。夜になっても眠れないし、朝は起きられないし。

向こうでは、夜の11〜12時に寝て5〜7時頃に起床していました。なんて健康的なんだ。

欧州の訪問先は、6月上旬にしては例外的に暑く、訪問先の人が"こんなに暑くなることはきわめて珍しい"と言っていたくらいでした。むしろ日本の方が涼しかったみたいですね。快適な欧州の気温を予想していたので、残念。


今回、先日購入した32GB、それから余っていた8GB、4GBの計44GBのMS PRO Duoに、PSNでDLしたゲームとtorneで録画した番組を思いっきり詰め込んで出張に持って行きました。少なくとも飛行機の中では見る機会があるし、電車での移動も多い。ホテルで時間が余ったときの時間つぶしにもなるだろう、と。それから、文庫本も6冊ほど持参。が、これらはあまり活用の機会がありませんでした。そんなに時間が余らなかった。

往路の航空機の中では、締め切りが間近な仕事が一つあったので、それをやっていました。PSPも起動しましたが、結局映画を一本見ただけで終了。本は全く読まず。

滞在中は、高速鉄道での移動中に1時間のドキュメンタリを一本視聴。電車待ち等で文庫本を読みましたが、合計で0.5冊程度。日本じゃ大人が町中で携帯ゲーム機を使っているのは最近では普通に見かける風景ですが、欧州でそれをやっちゃうと笑いものです。iPhoneを使っている人はたくさんいるんですけどね。欧州において、大人向けのメディアプレーヤとしては、最初にゲーム機としての印象が出てきてしまうPSPは、iPhoneにはとうてい勝てないな、と思います。PSPgoならなんとか。

というか、そもそも町中でNDSやPSPで遊んでいる"子ども"もほとんどいません。

後は、復路の航空機内で、映画を一本視聴。欧州時間での夜出発だったため、飛行時間の多くは寝ていました。

結局、持って行った娯楽のなかで消化したのは映画二本、ドキュメンタリ一本と文庫本0.5冊のみ。torneからPSPへの転送にかかった時間や、持って行った文庫本の重さには全然見合った量じゃありません。前回の(欧州)出張時は、特に本の消化量はかなり多く、10冊程度持って行って全部読んだものなんですが。今回は前回よりも忙しかったのかな。たいていホテルに帰ってからすぐ寝てしまっていたし。次回は、少し本を減らそう。


今まで、8泊程度の出張時にはスーツケースを持って行っていましたが、今回は荷物の量を抑え、航空機内に持ち込めるサイズのトロリーバッグを使うことに。出張先で洗濯することも考慮に入れ、とりあえず5日分の着換えを用意。足りない分は現地で洗濯。他、仕事に必要な書類を最低限用意し、最低限以上のものは電子データとして持って行くことに。PCは、LOOX Rをあきらめて、VAIO Xのみ。今回小型のトロリーバッグで済んだのは、これが結構大きかったと思います。LOOX Rに予備のバッテリを加えたら結構かさばります。VAIO Xなら、本体はもちろん予備のバッテリーも薄いので、出張にはうってつけ。

ただし、HDR-CX7で撮影したHD動画の解析や、α-Sweet DIGITALで撮影したRAW画像の現像などをやらせるのは結構きつかった。メディアビューアや書類の作成程度には十分ですが、ヘビーなタスクはAtomには向いていませんね、やっぱり。


それから、今回初めて、Skypeをまじめに使ってみました。一応、出張先への到着や次の訪問先への出発等で都市を移動する際には、毎回実家に連絡を入れているんですが、今まで海外対応の日本の携帯電話を使っていました。通話も高いし、SMSも一通100円。ならば、どうせホテルは無線LANでインターネット接続できるところに泊まっているんだから、Skypeで実家の電話にかけた方が安い。マイクを別に持ち歩くのが嫌で、今までは使っていませんでしたが、VAIO Xならマイクは内蔵されている。VAIO Xに向かって話しかけるだけでよい。

プリペイドで1,500円支払い、一回の通話で3〜円程度消費。180日以上使用しなかった場合はプリペイドの金額が無効になるとか、いくつか面倒なこともありますが、結構便利かもしれない。国際携帯を使って割高な通信料を支払うよりはかなりマシですね。ただ、あまり電話をしない自分の場合、1,500円を使い切るのは何十年後になるのだろう、という気もしますが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年6月のブログ記事  >> 

トップへ

てきとーに2 2010年6月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる