てきとーに2

アクセスカウンタ

zoom RSS MDR-NC33が届く

<<   作成日時 : 2010/06/21 19:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

注文しておいたMDR-NC33が土曜日に届きました。宅配便の不在連絡票が入っていたのは水曜日くらいだったと思いますが、平日は受け取れるはずもなく。

以下、日曜日・月曜日に街中で使用してみた雑感(土曜日は外出せず)。基本的に、MDR-NC22との比較です。

・全体的に音が小さめ。
 具体的には、MDR-NC22と同程度の音量で聞こうとするならば、NCオン時にPSPの音量ゲージを1〜3程度上げる必要がある、と。PSP-2000でtorneから転送した動画を再生する場合、今まで音量MAXから-2〜4程度で"ちょうどいい"と感じていたので、これをフルに上げる必要がある。音楽再生時は音量ゲージ真ん中+3〜5程度がちょうど良かったけれども、真ん中+4〜6程度がちょうど良くなっている。

・NCオン時に、音量が若干下がる。
 MDR-NC22は、逆にNCオン時に音量が上がっていました。NCオンにすることにより、小さな音でも聞き取れるようになる->音量を下げるというのは理に適った挙動。音量が下がるといっても、違いは分かるけれども大きな差ではない、という程度。

・NCの性能はあまり変わらない。
 ような気がします。カタログスペックでMDR-NC22が確か88%、MDR-NC33が90%の雑音をキャンセル出来るということで、2%の差があるはずですが、実感出来るほどのものではありません。
 人の話し声等がキャンセルされないのは他のNCイヤホンと同様。NCオン時に出るホワイトノイズの量も、MDR-NC22とあまり変わらないように感じます。

・若干小さくなった。
 MDR-NC22よりも若干小さくはなっています。が、結局単4電池を入れなきゃならないので、相応の大きさはあります。

・端子がL型では無くなった。
 一応変換ケーブルが付属していますが、プレーヤに接続する端子が従来のL型ではなく、ストレートになりました。薄型軽量、かつ縦型が多い最近のプレーヤに対しては、この方がよろしいでしょう。けれども、PSP-2000で使用する場合はL型の方が好ましいので、付属の変換ケーブルを使用しています。

・フィット感は良好。
 ドライバの形状が変わり、耳へのフィット感はかなり向上しています。


音質については、使用し始めてからまだ3日なのでご勘弁を。MDR-NC22から"悪化しているわけではない"とは思っています。

しかしこのイヤホンが4,600円、送料込みでも5,000円を切っているというのは、とんでもないコストパフォーマンス。


なお、MDR-NC22の不具合は、やはりドライバユニット内の断線でした。航空機内でドライバユニットが破壊された時に切れちゃったのでしょう。先週月曜日の帰宅時には左のユニットからの音が完全に聞こえなくなったので、帰宅後分解してハンダ付け。復活しました。ドライバユニットは分解したものをはめ込んだだけなので、外で使うには耐久性に疑問が残ります。こっちは家用にします。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MDR-NC33が届く てきとーに2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる