PS3の性能はXBOX360に劣るのか?

なんか、PS3の(特にグラフィックの)性能がXBOX360に比べてかなり劣っているという誤解が蔓延しているようなので。

PS3がXBOX360に比べて劣っていると誤解されているのは、メインメモリの容量、GPUの性能です。ま、確かに、スペック上は劣っているように見えますね。XBOX360のメインメモリは512MBで、PS3のCell BEに接続されているXDR DRAMは256MB。半分しかありません。GPUも、ATIが新規に開発した、統合シェーダーを搭載した最新GPUを搭載するXBOX360と、性能的には(現在では)たいしたことない、nVidiaの既存チップのモディファイ版を搭載するPS3。XBOX360のGPUはは10MBの混載DRAMを搭載し、ピークで256GB/secのスピードをたたき出しますが、PS3のそれは、22.4GB/secです。文字通り、桁が違う。

けれども、XBOX360とPS3では、設計思想が違う。部品一つずつのスペックだけを見ても、あまり意味がない。

まず、メインメモリの容量ですが、XBOX360の512MBは、GPUとCPUで共有するものです。GPUに混載されている10MBを合わせると、合計522MB。この10MBの混載DRAMはCPUからはアクセス出来ませんので、CPUから簡単にアクセス可能なメモリという意味では、合計512MB。

一方で、PS3は、Cell BEに接続された256MBのメモリの他に、RSX(グラフィックチップ)に256MBのメモリを直結しています。Cell BEとRSXの間はFlexIOと呼ばれる高速なバスで接続されており、Cell BEからRSX側のメモリの読み書きが、RSXからCell BE側のメモリの読み書きが、それぞれ高速にできるようになっています。FlexIOのスピードは、Cell BEからRSX側へが20GB/sec、RSXからCell BE側へが15GB/secと、非常に高速なものになっています。XBOX360のメモリ帯域が22.4GB/sなので、あまり遜色はありません。

つまり、PS3も、256MBで二つのメモリ空間に分断され、かつある程度はレイテンシのペナルティがあるものの、Cell BE、RSXそれぞれからアクセス可能なメモリの容量は、合計で512MBあります。もちろん、レイテンシペナルティがあるので、基本的にRSXに接続されているメモリをビデオメモリとして、Cell BEに接続されているメモリをメインメモリとして使うことになるでしょうし、二つのメモリ空間に分断されているということで、XBOX360よりは自由度は下がるでしょう。けれども、Cell BE + RSXそれぞれにメモリを直結し、Cell BEとRSX間をFlexIOで接続し、相互のメモリを高速に読み書きできるようにしたことによって、非常に大きな利点がもたらされています。

それは、CPUにもGPUにもバランス良くメモリ帯域を配置して、それぞれを連携できるようにしたアーキテクチャになっているということ。GPUに全てのメモリを接続し、CPUのメモリアクセスを犠牲にしているXBOX360と比べると、Cell BEの演算能力がメモリアクセスのレイテンシや帯域幅によってスポイルされないように考慮しているのがわかります。つまり、既存のGDDRに最適化されたGPUのパイプラインアーキテクチャを崩すことなく、かつ非常に高速なメモリであるXDR DRAMをCell BEに接続できるということ。開発期間が足りなかった、というのも一つの真実でしょうけど、それぞれのチップに最適なメモリアーキテクチャが異なっているのなら、違うメモリを載せた方が良い。そしてもう一つ、完全にプログラマブルな汎用CPUであるCell BEから、直接ビデオメモリを書き換えられるということ。RSXの性能と自由度は、確かにXBOX360のそれよりも劣るかもしれません。けれども、足りない部分は、Cell BEのSPEで補ってやればいい。それどころか、SPEは完全にプログラマブルなCPUコアなので、シェーダーを使う以上に柔軟性の高い、全く新しい次元のグラフィックを実現できるかもしれません。さらに、ビデオメモリをCPUから直接書き換えられるということは、CPU側の膨大な演算能力を使って計算した結果をグラフィックに反映するという目的にとっては、理に適ったものでしょう。

具体的には、「3Dゲームファンのためのプレイステーション 3 GPU講座 ~「PS3のGPUは1つではない。全部で1+7個ある」(GAME Watch)」あたりを見てください。

XBOX360とPS3は目指しているものが違うとよく言われていますが(XBOX360はゲーム機+MCEのクライアント、PS3はエンターテイメントコンピュータ)、共通する"ゲーム"という領域においても、かなり設計思想が異なっているということです。XBOX360は、基本的にはかなり保守的な設計になっています。部品ごとの分業を推し進め、さらにそれぞれの部品の性能を限界まで高くしていく。GPUは、統合シェーダーという世界初の技術を使っていますが、これは単にGPUの世界の潮流を一歩先取りしたものですし、CPUも、従来型のCPUコア+高性能な浮動小数点演算ユニットを3コアのせた、ホモジーニアスマルチプロセッサ。GPUで使われていた混載DRAMだって、SONYがPS2で使っていた手法です。XBOX360を見ていると、ウルトラハイパフォーマンス版のPS2、という感じがしてきます。
#ただし、メモリが接続されているチップを見ると、やはりPS2とは目指しているものが違うな、ということがわかります。XBOX360は、XBOXと同じく、GPUに全てのメモリを接続し、CPUからはGPUを介してメモリにアクセスに行くことになります。PS2はCPUにメモリが接続されていて、GPUに搭載されている4MBの混載DRAMで足りない場合はCPU側のメモリにアクセスに行くようになっていたので、XBOX/XBOX360がグラフィック重視、PS2が演算能力重視ということでしょう。ま、PS2はEEでジオメトリの演算もやっていたので、一概にはいえませんが。

一方で、PS3は、アーキテクチャにおいてかなりラディカルな変革を行っている。RSX自身は古いアーキテクチャですが、グラフィックを実現するための機構は、非常に奇抜で新しい。そのため、従来通りのスペック表をぱっと見ただけでは、そのポテンシャルを推し量れないかもしれません。というか、私自身最初にPS3のメモリ仕様を見たときに、"あれ?なんでRSXとCell BEで違うメモリを採用しているんだ?開発期間が足りなかったのかな…あと、SCEお得意の混載DRAMを搭載していないのはなんでだ?"と疑問に思いました。アーキテクチャの斬新さに気がついたのは、かなり後になってからです。

なお、XBOX360でも、GPU - CPU間のバス幅(FSB)は、PCに比べて非常に高速です。PS3の場合は35GB/secなのですが、XBOX360では21.6GB/sec。PCI Express x16は8GB/secです。

XBOX360とPS3の設計、どちらがいいのかというのは、わかりません。ただ、XBOX360の方が、グラフィックのパフォーマンスを引き出しやすいのは事実。可能性の点だけ言えば、将来的にPS3の方が、あっと驚くようなグラフィックを実現できるでしょう。が、それもハードが十分に普及し、アーキテクチャの研究が進んでからの話。おそらく、現在のPS3のタイトルは、SPEの使用率も低いだろうし、RSX - Cell BE間の高速なバスを利用したGPUとCPUの連携などはほとんど行っていないでしょう。初期のPS3開発ツールでは、RSX - Cell BE間のFlexIOは実装されておらず、メーカーはPCI Express x4(わずか2GB/sec)で接続されたG70でソフトウェアの開発を行っていたはずなので。SPEやRSX-Cell BEの連携をフル活用したタイトルが出てくるのはかなり先になると思いますが、PS3がシェアをとれなければ、ノウハウの蓄積もアーキテクチャの研究も進まないわけで。国内ではともかく、国外ではXBOX360に市場を押さえられつつある現状においては、結構厳しいのではないかなと思います。

任天堂も含めた、マイクロソフト、SCEの三社のハードウェアの設計思想は結構違っていて、これまでの感触だと、マイクロソフトは、バランスが非常にいい。設計思想は堅実で、その時点でリーズナブルに使える既存の最高の技術を搭載しています。SCEはラディカル。PS1もPS2もPS3も、自身でアーキテクチャを変革しようという意志が見て取れます。そして、PS2までは、それはある程度成功してきました。PS3がどうなるかは、まだわかりません。毎回方向がぶれるのが任天堂。ゲームキューブの拡張であるWiiは論外として、N64はラディカル。ゲームキューブはマクロソフトと同様堅実です。一貫しているのは、コストを最小限に抑えようとしているところくらいか。

[16:40 追記]

この記事へのコメント

2008年10月14日 06:47
知らないんですか?
PS3のメインメモリーは256MBとグラフィック256MBの2つを搭載して512MB

360は共有で512MB
だから変わりません
管理人
2008年10月15日 19:06
> dさん

コメントありがとうございます。

>知らないんですか?
>PS3のメインメモリーは256MBとグラフィック256MBの2つを搭載して512MB

>360は共有で512MB
>だから変わりません

それも含めて説明したエントリなんですが…。どこかで誤解されましたか?
とおりすがり
2008年10月19日 01:57
現時点では360がグラフィック特化で、綺麗に見えるけど
PS3は性能を全体的に活かせるようになれば、全然変わってくる。
みたいな感じでいいんですかね?

すいません、アホなコメントで…。
管理人
2008年10月19日 14:27
>とおりすがり様

コメントありがとうございます。

このエントリは約2年前、PS3発売直後に書いたものです。

当時、発売から1年が経過し、デベロッパがある程度経験を積んでから開発されていたXbox 360のソフトと比較して、PS3のソフトはまだ原始的なものでした。

Xbox 360が発売から3年、PS3が2年経過した現在ではかなり状況が変わってきていまして、Xbox 360とPS3の同時発売タイトルならグラフィックはほぼ同等、各機種に特化したソフト(MGS4とかNinja Gaiden 2とか)でも、甲乙つけがたいと私は思っています。

グラフィック以外の点では、Xbox 360はDVDの容量にゲームのボリュームを制限されること(たとえばMGS4をXbox 360で出すのは難しい)、PS3の方がCPUの演算能力が優れていること(Little Big PlanetやEyeToy Playなど革新的なソフトを出せる)などから、PS3の優位が徐々に現れつつある、というのが現状だと思います。
管理人
2008年10月19日 14:27
長くなったので分割しました。

一方、発売されているタイトルのバリエーションは、MSの努力および発売時期が1年早いというアドバンテージにより、Xbox 360の方が優れている、というのが感想です。

要約すると、現時点ではグラフィックは同等、PS3はデベロッパの習熟によってその性能を引き出し、Xbox 360との差別化ができつつある、Xbox 360はゲーマーの目を惹き付けるタイトルが多い(実験的タイトルは少ない)、といったところでしょうか。
管理人
2008年10月19日 14:37
もう一つ追加。

両機種を使ってみたところ、Xbox 360は純粋なゲーム機を指向しており、PS3はオーディオやビジュアル、ゲーム、ネットなどを包括した総合的なエンターテイメント機器を目指している、という印象を持っています。

Xbox 360でも音楽CD、DVD、DLNA経由でのビデオ・写真・音楽の再生は可能ですし、HD DVDドライブを買ってくればHD DVDの再生も可能。音楽CDのリッピングもできます。が、やっぱりメインは"ゲーム"であり、AV機器としての機能はオマケレベル。AV雑誌等でのPS3とXbox 360の扱いの差を見ればそれは一目瞭然。
あしあと
2008年12月11日 02:39
どちらも莫大なお金や時間をかけて開発された自慢のゲーム機(?)であると思いますが、
それでもファミコンが発売されたときの様な圧倒的な真新しさやワクワク感を表現できるかといったら、どうですかね…。
おまけに片方は、匿名なのをいいことに某掲示板では酷く叩かれている様ですからね。
面白い時代ですが、反面 残念な時代でもありますよね…。

何かを買ったりするとき、私はネットからたくさんの情報を仕入れていますが、その情報のおかげで毎回どっちを選ぼうか悩まされるのは、優柔不断な自分にとっては
とってもつらいです(笑
決断するためにやっているのに、そのせいで逆にさらに悩まされることになるなんて、ほんとあほらしいですね(苦笑
あーやだやだ
管理人
2008年12月11日 23:32
>あしあと 様

コメントありがとうございます。
まあ、ネット上の根拠のない批判は雑音だと思って、あまり気にしない方が良いかと思います。
批判されることも多い両機種ですが、所有している人の評価は結構高い、と感じています。
欲しい物を欲しい時に買えばいいかと。

まあ、私は任天堂嫌いの旧SCE贔屓(MSは中立)なので、このブログのエントリを読むときはそういうバイアスが入ってるものだと思っていてください。

私が発売時に一番期待に胸を躍らせたハードはPS2でしたね。一番期待はずれだったハードもPS2でしたが。PS3は、コンセプトには共感していたものの、発売時にはあまり盛り上がらず。が、購入後ぐんぐん評価が高くなっていったハードでした。良い意味で期待を裏切られた、と思っています。

FC, SFCは持ってなかったの不明。当時は任天堂嫌いじゃなかったんですけどね。GB->PS->PCE->GBP->WS->PS2->PSP->PS3->PSP->PS2->Xbox 360が自分のハード遍歴です。
先見の明
2009年01月28日 19:16
何げ無く開いたのですが、大変よい見識をお持ちですね。
記事が書かれたのは2年前ですが、まさにそのとおりの現状ですよね。
ただ、XBOX360の開発環境もさらに磨きがかかって来ていて楽しみです。
2009年01月31日 20:01
> 先見の明 さん

コメント、ありがとうございます。
当時ネット上で拾える情報をまとめただけですので、そう言われると恥ずかしいですね。

PS3もXbox 360も継続的に良質なソフトが提供され続けている状況ですので、両者適度に喧嘩しつつ(笑)、発展していったらいいな、と思います。
っしょう
2009年04月01日 17:28
BDの採用はまだ必要性が感じられるのですが、正直cellプロセッサを採用した理由がわからない。
グラフィックスチップを2ランクぐらい上のものにしていた方がコスト面、グラフィック面で優位にたてたと思う。
9割以上の人はPS3を高性能な”ゲーム機”としてみているはず。
アップコンバート、BD再生、たんぱくしつ解析などと言ったものはなくてもいい。
物理演算?正直どうでもいいですよね・・。
ぶっちゃけリトルビックプラネットも本当に”PS3じゃないと実現不可能”なのかな?
cellプロセッサが本当に高性能ならもっとわかりやすい方法、つまりグラフィックで圧倒的な優位を見せてほしい。killzone2やアーマードコアのプリレンダ映像を昔はリアルタイムだと思ってたぐらいですから・・。
正直がっかりですよね。一年前に発売されたゲーム機とどっこいどっこいなんて。
2009年04月01日 20:45
>っしょう さん

コメントありがとうございます。

まあ、グラフィックだけを堪能したいのならXbox 360でいいんじゃないでしょうか。Xbox 360の方が安いし、グラフィックのレベルはおっしゃるとおり大して差はありませんし。お金はかかりますが、PCベースだとXbox 360やPS3を遥かに超えるグラフィックを楽しめますよ。

あなたとPS3(というよりも、SCE)とは、ゲームやコンピュータ・エンタテイメントに対する考え方にズレがあると思われます。ズレのあるハードを無理して使っていても、それを覆すほどの魅力が無い限り、お互い不幸になるだけでしょう。

ズレを覆い隠す程の魅力(例えば絶対やりたいソフトがあるとか)があるのなら、あなたが不要だと思う機能は気にせずその魅力だけを堪能すればいいと思います。BDの再生ができても、タンパク質の解析ができても、別に困らないのでは。
Neet
2009年05月11日 21:41
まあPS3は自称十年間は戦えるハードですし
ゆっくりPS3へと最適化されるのを待てばいいと思います
まあその前にプログラマーがCellの変態アーキに付いていけず倒れると思うけど
2009年05月11日 23:11
>Neetさん

コメントありがとうございます。
PS3に最適化されたソフトがたくさん出りゃそれに越したことはないんですが、カリカリにチューニングしてなくてもおもしろいソフトがコンスタントに出てくれればいいと私は思います。
最初から完璧は求めずに、可能なことから積み重ねていけばいいんではないかと。
#ソフトの供給が途切れるのが一番マズイ。

Cell B.E.のアーキテクチャはコンピューティングテクノロジの主流と方向が一致しているので、プログラマもそのうち慣れるんじゃないですかね。というか、慣れなきゃプログラマとしては生き残れないでしょ、私も含めて。
S☆S
2009年06月13日 03:52
結局いきつく先はPS3のCPUであるCELLを生かすことができなかったと言うことでしょうね。現状のままではXBOX360に絶対に勝てません!日本ではWiiに続いて2位だと言っても世界では3位のドンジリ・・これではソニーもいかんともしがたいでしょう。結論はPS4となり劣化CPUとなったCELLがやっと満おじして性能を発揮できるのでは?次世代ゲーム機と言われる機器は結局Wiiです。
高性能がソノ時代を勝ったゲーム機器にはなりません、XBOXやN64、GCが高性能ながらボロ負けした歴史を踏まえても、もうPS3がトップになるのは無理です。
2009年06月13日 04:40
>S☆Sさん

コメントありがとうございます。
Cell B.E.を扱いきれていなかったのは昔の話で、最近は結構いい線いってると思いますよ。
まあ、私としては、PS3は現状のペースで発展していってくれるなら、特に大きな不満はありません(小さい不満はいくつかあります)。

シェアについては、まあ一般ユーザが気にすることじゃないと思いますが、やり方次第で、国内や世界でトップシェアを取る可能性はまだ残ってるかな、と思います。北米に限定したら、可能性はかなり低い。

PS2まではWinner Take Allの世界でしたが、NDS/PSP以降は様子がだいぶ変っているので、トップシェアは勝ち、トップシェア以外は負け、というものでもないですね。
心気まま
2009年07月29日 23:12
プログラムの事とか分からないけど「へーそうなんだ」と読ませてもらったPS3ユーザーです。

PS3の方がもっと硬い作りなのかな?と思っていたけど、結構特殊で挑戦的な作りなんですね。
とりあえずリトルビックプラネッツやってみたくなりましたw

今のところはXBOXの方が好きなゲームは多いですが、PS3はPCやXBOXの移植なんかじゃなく、PS3を生かしたゲームが出来る事が期待できて安心しました♪

ゲハ信者の書き込みも丁重に返して、大人だなぁ。
2009年08月20日 20:56
>心気まま
コメント、ありがとうございます。
7月下旬~8月中旬まで、出張ばかりでしたので、コメントの返答が遅れました。申し訳ありません。

自分はサイエンティストを志す者ですし、挑戦的なハードや、とんでもなく凄い技術で夢を語ってくれると、年甲斐もなくワクワクドキドキしちゃうんですね。ゲームそのものに最大の価値をおいていないというところは、一般のゲーマーの方々とはズレいているかもしれません。や、もちろんゲームは好きですが。

ゲームの評価は置いておいて(ゲーム機なのに(^_^;)、ハードの作りだけみると、現行機ではPS3が一番面白いです。前世代だとGCも結構面白かったんですけどね。1T-SRAMとか。
ももも
2009年08月23日 00:14
私はXBOX360ユーザーですが、PS3を購入しようかしまいか最近考え始めまして、色々ネットで調べていてここにたどりついたのですが、お詳しそうなので質問させて下さい。

60GのPS3のPS2互換は、画質は物凄く綺麗ですか?

私、PS2をフルハイのTVにD端子で繋いでいるのですが、サッパリ綺麗でないのです。
物凄くボヤケテいます。
クッキリ、キッチリ、ドットが見たいのです。
60GのPS3はどうなのでしょうか?
アホな質問でスイマセン。
2009年08月23日 03:15
>もももさん
コメントありがとうございます。

接続先のテレビやソフトにもよると思いますが、ネットで絶賛されているほどきれいではない、というのが私の実感です。ネットの評判は誇張されすぎていると思っています。PSやPCEのソフトをPS3でプレイした場合は、ドットがくっきり、鮮明に表示されますが、PS2のソフトはアップコンバートやスムージングのON/OFFに関わらず、ぼけます。テレビ側のアップコンバート回路の性能が低い場合は、PS3でアップコンバートした方が画質が良いと思いますが。
PS2実機を使う場合は、TVとの接続がアナログになりますので、デジタルの信号をD/A変換し、アナログのケーブルでTVに入力した後、A/D変換されたものをTVがアップコンバートすることになります。PS3でアップコンバートする場合は、デジタル信号のままアップコンバートさます。D/A変換、アナログでの伝送、A/D変換を経なず、その分画質の劣化が抑えられます。PS3の方が当然高画質になりますが、それでも"極端な差はない"と思います。
#ただし、PS2とTVの接続をD端子もしくはコンポーネントで行った場合。コンポジットやS端子だと、初期型PS3よりかなり画質が落ちます。

#私が使っているのは20GBモデルですが、PS2ソフトの画質は60GBモデルと同等のはず。
#ハイビジョンブラウン管を使っていた時は、PS3の方がかなりきれいだと感じていましたが、フルHDのPDPでは大差ありません。
ももも
2009年08月28日 01:07
お返事有り難う御座いました!
物凄く解り易かったです。
”極端な差はない”に賭けてみました。
PS3を56800円でゲットしました(60G)!
1週間もすれば29980円なのに(アホ)!
それはさておき、結論、

PS2は実機よりやや綺麗。

ですね。
やはりぼやけていますが、これが世界で1番PS2最高画質なので諦めます(笑)。
あ、もちろんHDMIで繋いでいます。
でも一般の人からみれば十二分に
綺麗でしょうね。ははは。
わたくし神経質なもので。
でも実機でD端よりは綺麗です。


話は変わりますが、PSは凄いですね。
めちゃ綺麗ですね。怒首領蜂やったんですが、ドットがクッキリ、キッチリです!もうがたがたです!(褒めてます)
ただ、実機と、アーカイブス2つ持ってるソフトで、(PSPでやる為に)たとえば、雷電なんかは、
アーカイブスだとぼやけますね。フルにすると。
あれは不思議ですね。(スムージング?)
ソニー、アーカイブスもアップコンバートしてほしいですね。

では最後にもう一度。
有り難う御座いました。
お元気で!
さよなら!
A
2009年09月02日 07:43
GPUの差がでてるのは、単純に共有で512MBかどうかというより
そのアクセス方法がPS3ではネックとなって
Cellの性能いかせていない状況ですね。
ただ、苦手としてる部分をCPU側で終わらせる方法で
がんばってるところもあるので確かに手間は
かかると思いますが、上手く専用タイトルを
技術力があるとメーカーが作ってくれれば問題ないでしょう。
ただ、360がPS2の延長というのは誤解というかレッテルレベルの
妄言だとおもいます。
3コアCPUで統合シェーダー対応GPUとかは
発売時のPCゲームの今後の方向に近いですね。
2009年09月02日 20:48
>A 様
コメントありがとうございます。

ええと、誤解させてしまったのなら誤ります。
確かに、そうとも読める文章ですね。私のミスです。
Xbox 360がPS2の延長だという趣旨でこの文章を書いたのではありません。該当の文章の直後も併せて読んでいただければと思います。
Xbox 360はCell B.E.のようなラディカルなアーキテクチャの変更を行っておらず、PS3と比較すれば保守的な設計である、ということです。

ホモジーニアスマルチコアは一般的に使われていた技術ですし、統合シェーダーも当時のGPUの潮流に沿ったものです(PS3が統合シェーダーを採用しなかったのは失策だと思います)。

保守的な設計であるというのは、決して悪口で言っているのではありません。むしろ褒め言葉であると私は思います。
とろーち
2009年09月20日 00:32
確かにPS3は使えば使うほど良さがわかってきますね
PS3を買った当初はDLNA機能だとか全く知りませんでしたが
自分からPS3でできることを探していったら、その総合的なすごさがわかってきました

ただ消費者って普通そんな面倒なことしないわけで
SCEはもっとわかりやすく「PS3の良さ」を伝え、宣伝する方法を考えてほしいですね
2009年10月23日 18:42
>とろーち 様
コメントありがとうございます。

SCEの宣伝については、本当にそう思いますね。
特にTVのCMについては、魅力が全然伝えられていない、と思ってしまいます。

BRUTUSの10/15号みたいなのを、もっと一般向けにやって欲しい。
wahaha
2009年10月24日 14:43
Cellはパソコン用のCPUに比べると、「複雑な条件分岐のある整数演算が苦手」みたいなことを耳にしたんですが、それはゲーム機の性能面では、不利にならないのですか?
2009年10月24日 21:37
>wahaha 様
コメントありがとうございます。

現在のゲームで計算パワーを必要としている部分は、物理シミュレーションや3Dグラフィックスの処理です。これらの処理は、浮動小数点演算の性能に依存します。また、大量のデータを同じ方法で処理することが多く、複雑な分岐もあまりありません。

PC向けのCPUは、複雑な分岐を持つプログラムでも性能が落ちないようにするため、複雑なハードウェアを持っています。しかし、一方で、主に二つのデメリットがあります。

1. チップ上の面積をたくさん占有してしまう
2. クロックを上げにくくなる

ゲームではあまりメリットがない部分にトランジスタを割くよりも、その分浮動小数点演算用のユニットを増やした方がいいでしょう。また、複雑なハードがあれば、その分クロックを上げにくくなります。シンプルなCPUコアを複数搭載し、クロックを上げた方が、浮動小数点演算にとっては有利です。

だから、Cell B.E.もXbox 360のCPUであるPXも、全体的な構成は違いますが、どちらもシンプルな整数演算用のコアと高性能な浮動小数点演算ユニットを組み合わせた形になっています。また、クロックも、2006年当時のPC向けのCPUと比較しても、かなり高いものとなっています。いずれも、浮動小数点演算に重きを置いた設計です。
TYORO
2010年04月27日 22:39
たまたま開いてみたら、かなり面白いことが書かれていて読ませてもらったps3ユーザーです。
cellは単純な計算が得意とのことですが、ps3独占のグラフィックがめちゃめちゃ綺麗なソフト(アンチャーテッドやkillzone2など)はそういう部分を多用しているから綺麗ということでしょうか?それとも他にもなにかps3のパワーが活かす工夫をしているのでしょうか?
TAKKE
2010年05月12日 14:43
PC版 xbox360 PS3 と一気にだされるゲームが多くてどれを買えばいいのか困ります;
xboxとps3だと自分がやってきたゲームの中では
PS3のほうがグラフィックともに性能がよく
オンラインが充実・無料だったので
PS3の方を気に入っているのですが
PC版というとCPUとかとても入っていて早いのかな?「構造はくわしくは知りません;」
と思っているのですがどうなのでしょうか?
xbox360とPCを比べた人が「家庭用ゲーム機と
比べるな」とコメントしていたので
もしPCゲーム?についても詳しかったら
おしえてください
管理人
2010年05月19日 01:15
ども、管理人です。最近ブログをさぼっていてもうしわけありません。TYOROさま、TAKKEさま、コメントありがとうございます。

まず、アンチャやKILLZONE 2については、以下のふたつの理由から、お答えできません。
1. 自分はそれらのソフトにつかわれている技術を直接知ることができる立場ではないので、わからない。
2. そもそもアンチャ・アンチャ2もKILLZONE 2も持ってないし。

KILLZONE 2については、西川善司氏がGAME Watchで詳しく書かれていますので、そちらを参照なさるとよろしいかと思います。

PCとPS3については、ソフト次第ですし、PCのスペックによっても変ってきますので、一概に言うことはできません。また、こちらも、私はPCでゲームをプレイする習慣がないもので、具体的な話はできません。ただ、PS3は発売からすでに3年半近くが経過しており、かなり古いハードです。グラフィックチップの性能は発売当初からPC向けのハイスペックのものに遅れをとっていますし、CPUの単精度浮動小数点演算の性能に関しても、そろそろ優位性は喪われつつあるんじゃないでしょうか。6コアのCPUも簡単に手に入るようになったし、GPGPUも流行っているし。

「家庭用ゲーム機とくらべるな」というのは、ある意味正しいんじゃないかと思いますよ。4年以上前の設計で現在3万円程度で売られている家庭用ゲーム機と、数ヵ月前の設計のパーツを使って十~数十万円で売られているPCを比較するものではないと、私も思いますね。
TAKKE
2010年05月19日 16:49
ありがとうございます。
PCもせっかくもっているので1つでもゲームをやってみたいと思います。
感想やどっちのほうがいいか思ったら、まだこのブログがあったら書きにきます。
お疲れさまでした。
デカ
2010年09月13日 20:56
マルチプラットフォームになるとPS3の性能を使いきれないと聞きますがどういうしくみなんですか?
マルチだとCellのSPUを使うのは困難なんですかね?
管理人
2010年12月08日 19:37
忙しさを言い訳に放置していた私にも責任がありますね。
フレーム化している話題に関連するコメントは、フレームに直接関与していないものも含めて、明日の夜までに削除させていただきます。
せっかくコメントを寄せていただいたのに、申し訳ありません。
管理人
2010年12月09日 20:44
フレームに関係するコメントを削除させていただきました。
コメントを寄せてくださった方には、再度お詫び申し上げます。

デカさんのコメントにあるとおり、マルチ開発でSPUを使うのは困難であるというのが考えられる理由のひとつです。なぜなら、SPUに相当するハードウェアが、Xbox 360には搭載されていないからです。そのため、SPU向けに書いた処理は、Xbox 360では動かすのが難しいことがある。Xbox 360向けに書いた処理は、若干単純化することで、容易にPS3で動かせます。

片方のハードウェアにしか搭載されていない機能は使わない、それがマルチ開発で一番簡単なやり方です。そのようにゲームを作るのならば、開発者からは、PS3はXbox 360のCPUとGPUの性能を落とし、メモリが分割され、ストレージを多く載せたハードのように見えるでしょう。

開発期間とコストを存分にかけられるのであればいいのですが、ビジネスとしてゲームを作っている以上、そういうわけにもいきません。短い時間で、できるだけ低コストでつくらないと採算が取れない。そういうゲームでは、PS3の方が若干粗く見えてしまうこともあるでしょうね。

マルチ開発といってもいろいろあるし、一概には言えませんよ、念の為。
ラー油
2011年03月07日 18:25
参考になります。
PS3のSPUを最大限に活かしたマルチプラットフォームというのは今後出てくるのでしょうか?
それともマルチプラットフォームだと絶対にSPUを使うことはできないのでしょうか?

この記事へのトラックバック